あなたがお悩みの症状について

あなたがお悩みの症状について > 姿勢が悪い

姿勢が悪い

人のからだはゆがみやすい

生物は生息する環境に合わせて進化してきました。
我々哺乳類は陸上で頭を持ち上げて活動し、とりわけ人間は二本足で立って歩くため
より高い位置にある頭部まで、酸素と結合した血液を運ばなければなりません。

そのためには一定の血圧と体温を保つためのメカニズムが必要で
水の中で活動する魚類の心臓が一つの心房と一つの心室しか持たないのに対し
左右それぞれに心房心室を持ち
血液を体中に配る体循環と血液に酸素を取り入れるための肺循環に役割を分担しました。
そして心臓が左右それぞれに役割を持ったため
他の臓器も配置が左右非対称となり、それぞれの作用を担うようになったのです。

このように高度な仕組みを作り、ホメオスタシス(恒常性)を保てるようになった反面
体内の仕組みが左右非対称なため
その時の体調により体が左右にゆがみやすいという問題も抱えることになりました。
左右だけではありません。
人は四つ足の動物と違い重力の負荷を背骨に受けるため
前後に倒れたり、体が捻れたりということも起きやすいのです。

みなさんご自分の顔を鏡で見てみてください。
顔だけ見ても
目の大きさ、耳の高さ、口の傾きなど、結構左右で違っていませんか。
一方でアジの開きを思い浮かべてください。見事に左右対称ですね。
そのかわり魚は、シンプルな構造ゆえ血圧や体温を一定に保つのが難しく、環境の影響を受けやすいのです。

人間は一定の血圧と体温を保ち二本足で活動するために、そもそもゆがみやすいという特質を持っています。
ある意味ではそのゆがみが人それぞれの個性を生み、多様な考えや文化を生み出しているとも言えますが
ある一定の範囲を超えたゆがみは、いずれ病気の原因となってしまいます。

そもそも人の体はゆがみやすいと分かれば、時々体をお手入れしなくてはいけませんね。
現在特に体調不良を感じてないが体のゆがみが気になる方
内臓調整療法でのお手入れがお勧めですよ。

123

予約状況カレンダー

ブログ