あなたがお悩みの症状について

あなたがお悩みの症状について > 胸が苦しい・息がしずらい

胸が苦しい・息がしずらい

老化はまず呼吸から しかし呼吸こそ老化予防の切り札

 30歳をピークに体の機能や筋肉が急激に落ち始め、老化が顕著になってきます。免疫機能においてはなんと13~18歳がピークだそうです。そしてその他の生理的機能や筋力を見てみると、圧倒的に30歳以降の低下が著しいのは肺活量や最大換気量(一定時間内に肺に出し入れできる空気量)です。つまり「老化はまず、呼吸から」と言ってもよいでしょう。しかし、この呼吸こそが老化予防の最大の切り札となるのです。なぜなら呼吸は無意識のうちに働く自律神経の支配下にあると同時に、私たちの意識でコントロールできるものでもあるからです。そのため古来よりヨガや武道など、健康法や修行の中で重要視されてきました。また健康法や修行とまでいかなくても、笑ったり、泣いたりするだけでも大きな効果が得られます。深い呼吸や楽しく笑うことは、みぞおちにある横隔膜を上下させ、腹式呼吸となることで全身の血流を促し、吸い込んだ酸素を体中に配ってくれます。

 呼吸についてはご自分で工夫できることがたくさんあるのですが、内臓調整療法師から一つお勧めがあります。呼吸に深く関わる横隔膜は筋肉で、それを動かしたり、横隔膜の状態を感知している横隔神経という神経が頚椎から出ています。長い間浅いままでいた呼吸を再び深い呼吸に戻すには、老化に逆らって日々、効果的な呼吸法を続けていく必要があります。これに加えて、この横隔神経の働きをよくするために内臓調整療法で頚椎の調整を行うとより効果的です。ぜひ、お勧めします。

予約状況カレンダー

ブログ